2009年07月04日

池袋コミュニティ・カレッジさんとコラボ

今、池袋コミュニティ・カレッジさんと画期的な話が進行しています。

それは、「女性のためのテンプルスティ・大陽寺」、「ココテン七福神巡り」、そして「秩父のおとなの遠足」を、心遍路と同一条件で参加者に呼びかけてもらうということです。

池袋コミュニティ・カレッジサイドも新たに旅の学校という野外散策講座を充実し、その講座の一環として加えていただきました。

特に公開講座にしていただいたことで、入会金がなくても体験が出来るなど、こちらの条件を柔軟に呑んでいただき、これからいっしょに歩んでいけることを大変うれしく思っています。

たくさんの人たちと楽しいひと時を、神社・仏閣でいっしょに過ごせることはとてもありがたいことだと感謝する所在です。


池袋コミュニティ・カレッジホームページ

posted by 心遍路 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

不良のススメ

瀬戸内寂聴、萩原 健一共著 角川学芸出版 価格:¥1,575

不良のススメ

不良とは品行・性質がよくないこと。また、その人とある。

四国お遍路を何度も歩いているショーケンこと萩原健一。

その後のトラブルなど、栄光と挫折の人生を送ってきている。

そんな天衣無縫なショーケン(萩原健一)を庇い続けてきた寂聴さん、そんな寂聴さんを慕うショーケン。

このコンビが仕事・恋愛そして人生への想いを、この本に綴っている。

小説、役者、音楽など常に新たな表現を模索してきた二人が、仕事、恋愛はてはマザー・テレサ、そして人生についても語り、その思いを明かしている。

不良のススメ

不良としてのショーケンが変わっていないことを再確認できる1冊である。

アマゾンで購入の場合はココをクリック


2009年07月01日

おとなの遠足・春 2009.05.30 その2

23番音楽寺へは、江戸古道沿いに原風景の残る土の進みます。

国道まで昔懐かしい道を進む

途中グミの木を見つけ、しばし幼少に帰り口に運びました。

グミの木を見つけ、しばし幼少に帰る

県道を横切り「小鹿野道」を行きました。

ぬかった結構きつい山道を登る

前日の雨で、ぬかった結構きつい山道を登りました。
次第に会話も途切れがちになります。
逆にこれも修行とがんばろうと心には誓うものの、やっとのおもいで尾根にたどりつきました。

しばらく歩くと有名な13地蔵(十三仏)が待っていてくれました。

13地蔵(十三仏)

先ほどまでは聞こえなかった、ホトトギスの声も聞こえます。

13仏の前でしばしの休憩

そして以前は、武甲山と秩父の町を見下ろせる素晴らしい場所でしたが、今では個人の所有地らしく、モダンな家が建ってしまい、その楽しみを奪ってしまっております。

23番音楽寺は、そこから5分のところです。
秩父ミューズパークの中にあります。
本堂の左を更に登ったところに観音堂があります。

音楽寺の梵鐘に刻まれた千手観音

音楽寺の梵鐘は、さすがという鐘の響きと余韻です。
鐘の表面には観音様が刻まれています。

演歌歌手のヒット祈願などが・・・

音楽寺という名前のせいか、絵馬を下げる場所には、演歌歌手のヒット祈願や、高校吹奏楽部の全国大会出場祈願などが多く掲げられていました。

音楽寺での読経

お参りを済ませ納経もいただき本日の山場、23番から24番への江戸古道といよいよ進んでいきます。

posted by 心遍路 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなの遠足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

あれから15年

明日ココテンで巡る、浅草名所七福神めぐりは私にとって印象深い所です。

1996年に『7月7日は七福神』というイベントを企画して1500人以上の方に参加いただきました。

その会場が浅草名所七福神だったのです。

コンセプトは、しょうがいをお持ちの方も参加できるということでサブタイトルが『いっしょ』でした。

現在の心遍路の原点のようなイベントでした。

浅草寺の大黒天

それから15年、改めて昨日のように思い出されます。

そのときお世話になったご住職や宮司さんに出会えることを楽しみにしています。

posted by 心遍路 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

西国三十三カ所結縁御開帳情報(現在8月開催分)

西国三十三カ所では平成20年9月より平成22年5月末までの間、随時ご開帳が開催されています。

正式名称を「覚醒 観世音菩薩 慈悲の心」−西国三十三所結縁御開帳と称し、ご本尊を公開し皆様のご縁を結ぶことを願って開催されるものです。

8月開催の札所の開帳情報をお知らせいたします。

  11番 深雪山上醍醐准胝堂 平成21年5月1日〜11月30日
 
  29番 青葉山松尾寺    平成20年10月1日〜平成21年9月30日
posted by 心遍路 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

心遍路

心遍路の活動も丸2年が経過しました。

その間、多くの人に支えられて私たちが目指すお遍路・巡礼が理解されはじめています。

一人では不安だらけでも、参加して知り合いが出来、不思議と仲間になっていきます。

新しい顔もあれば、いつもいてくれる顔もあります。

みんなが心遍路です。

改めて2年前に作った『心遍路』という詩を掲載します。



  『心遍路』

   ゆっくりゆったりと お札所をめぐり

   遍路みちで受けるあたたかいお接待に出会い

   小さな花にも目が注がれます。


   般若心経も時間と共に身体にしみこんで行きます。


   自分探しの旅と言われますが、

   不思議ですね

   そんなことにも気持ちが傾くのです。


   ひとつとして同じ答えなど無く

   ただ生かされている意味を探す時間があるだけです。


   忘れかけていた、日本の心を拾えます。


   今、時代が心遍路を欲しています。

   あなたが心遍路を欲しています。


ラベル:遍路 巡礼
posted by 心遍路 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

伊豆八十八ヶ所が熱い!

今週、三嶋観光バスの室伏強さんが伊豆から訪ねてくれました。

三嶋観光バスホームページ

以前にも紹介しましたが、伊豆八十八ヶ所巡りを一から再興されている方で私と同じにおいのする同士です。

室伏さんの伊豆八十八ヶ所の話をする時の笑顔は、それだけ実直に行動してきた自信の現れのように訴えるものがあります。

今回は今後一緒にお遍路が出来ないかという話で、いくつかの具体的な内容を話せました。

参加していただいてる皆さんが何度も訪ねたいと思う企画を一緒に実現できるよう努力していきましょう。

また心遍路の静岡支部の実現のためにも、ご協力をお願いいたします。


三嶋観光バスホームページはこちら

posted by 心遍路 at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

西国三十三カ所結縁御開帳情報(現在7月開催分)

西国三十三カ所では平成20年9月より平成22年5月末までの間、随時ご開帳が開催されています。

正式名称を「覚醒 観世音菩薩 慈悲の心」−西国三十三所結縁御開帳と称し、ご本尊を公開し皆様のご縁を結ぶことを願って開催されるものです。

7月開催の札所の開帳情報をお知らせいたします。

  7番 東光山岡寺     平成21年4月1日〜7月31日

  8番 豊山長谷寺     平成21年4月1日〜7月31日

  11番 深雪山上醍醐准胝堂 平成21年5月1日〜11月30日
 
  29番 青葉山松尾寺    平成20年10月1日〜平成21年9月30日

posted by 心遍路 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

おとなの遠足・春 2009.05.30 その1

5月30日(土)いよいよ1泊2日のおとなの遠足最終回がはじめりました。

天気予報は雨。自宅を出る時も大雨でした。

しかし、西武秩父駅に着くと雨はやんでいます。
今回のシリーズは雨にはうまい具合に当たらない・・・!

残念ながら武甲山は霧に隠れて見えませんでしたが。

路線バスで21番札所へ向かいました。

10時5分発の吉田元気村行きのバスに乗り21番観音寺に向かいました。

正直、江戸古道を歩くかどうかはこの地点では迷っていました。
やがてバスは札所21番に到着しました。

可愛らしい六地蔵

私が秩父一愛する6地蔵が迎えてくれました。

新しくなった21番札所の水場

なんと水場がきれいになっています。
これはとてもありがたいことです。

21番札所での参拝

小雨振る中参拝を済ませ、納経をいただきました。

納経所のおじさん

納経所のおじさんに「この雨の中、良くお参りいただきました」とありがたい声をかけていただきました。

22番札所を目指して

雨はあがり、県道を22番札所童子堂の入り口にある地蔵尊を目指します。

22番入り口の地蔵尊前で記念撮影

相変わらず武甲山は見えません。

珍しい茅葺きの仁王門

じき、珍しい茅葺きの仁王門が現れます。

目力がある愛嬌のある仁王像

左右の仁王像は大きな目が特徴の素朴で愛嬌のある顔をしています。

23番観音堂

観音堂は、江戸中期の華麗な建築で、正面の唐戸には風神雷神、迦陵頻伽の浮彫りを見ることが出来ます。

早めの昼食場所を提供いただき、いよいよ23番音楽寺の山登りを決意したしだいです。
posted by 心遍路 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなの遠足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

おとなの遠足の影の立役者

今週は、秩父観光情報館の高柳貢さんにありがとうです。

秩父でのおとなの遠足の始まりと終わりは高柳さんが必ず関わっています。

心遍路では、参加者の皆さんに、巡礼姿で歩いてもらっています。

秩父観光情報館

秩父観光情報館では、この巡礼セットをレンタルいただいております。

まさに影で支えてくれていただいております。

高柳さんは言います。「豊かな自然を満喫していただけますよう、皆さんの旅のお手伝いをさせていただきます。」

実際、それ以上のサポートを受けて楽しいおとなの遠足が実現しています。

高柳さんを始め秩父観光情報館のスタッフの皆さん、これからもよろしくお願いいたします。


「心遍路のおとなの遠足は、レンタル巡礼さんセットが支えてくれる!」の記事はこちら

posted by 心遍路 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。