2009年04月05日

母が書いた般若心経

もうじき母の命日がやってくる。

四国遍路に行った際、母が書いた写経をお札所に納めさせてもらっていた。

母は心臓病で長患いし、お遍路には旅立つことができなかった。

そこで写経を私が納めることを提案したところ、なんにでも真剣に取り組む母が1日1巻の納経をするようになった。

最初はおぼつかない文字が並んでいたが、最後には誰からもすばらしい書だと褒められる写経になっていた。

ここまでくるには、少なくとも1000枚に近い写経をしてきたはずである。

最後に書いた般若心経は私の宝物になっている。


母が最後に書いた般若心経の写経
ラベル:般若心経 写経
posted by 心遍路 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

陀羅尼(だらに)

陀羅尼(だらに)とは、仏教において用いられる呪文の一種で、比較的長いものをいいます。
通常は訳さず(不翻)サンスクリット語の原文を漢字に音写したものを唱えます。


日本のほとんどの宗派で読まれている般若心経の文節には、陀羅尼を読む箇所があります。

その箇所は終盤の

掲帝 掲帝 波羅掲帝 波羅僧掲帝 菩提僧莎訶

ぎゃーてい ぎゃーてい はーらーぎゃーてい はらそうぎゃーてい ぼじそわか

この部分に対して時々、日本語に訳されていることがあります。

私たちは陀羅尼やご真言は自分の目で見て、口にして、自分の耳で聞くことによって、自身の目、耳、口が浄化されると理解しております。

そういう意味では、無理に解読されなくても良いと思われます。


また宝篋印陀羅尼、阿弥陀如来根本陀羅尼など大変長い陀羅尼もありますが、心遍路では合掌という印と般若心経の陀羅尼でおつりがくるほどありがたいものではないかと思っています。


今回はちょっとむずかしいお話でした。

合掌(U人U)・・・・・
ラベル:般若心経
posted by 心遍路 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

The HANNYAPOWER

The-HANNYAPOWER.jpg

般若心経とモーニング娘のコラボが
シンクロしている不思議な作品です。
般若心経を知るきっかけの一つかもしれません。
不謹慎といわれるかもしれませんが、方法は様々でいいと思います。
その昔、絵で表した般若心経があったように。
posted by 心遍路 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

アウトドア般若心経 知ってますか!

実はさっきまで知らなかった私でした。
みうらじゅん氏がテレビ番組で提唱したもので、YouTubeでその番組をみて理解した次第です。
これも、現代の「般若心経」であると言えるのではないでしょうか。
ルールは「般若心経」の278文字それぞれを、家を出て経文の文字のある市街の看板等の文字を写真に撮っていくというものです。
みうら氏は家から街に出ることを「出家」と言い、文字を撮影することを「写経」と言っています。(^'^)
この関連のサイトもあることがわかりました。
すぐ見つかる文字となかなか無い文字がありそうで非常に興味を持ちました。

興味があったらYouTubeをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=OwItc9iwRf0
http://www.youtube.com/watch?v=49x9hS7TnLc&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=LgLMGroAhFs&mode=related&search=
posted by 心遍路 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

THE HEART SUTRA(英訳般若心経)

THE HEART SUTRA

Om Homage to the Perfection of Wisdom the Lovely, the Holy !
Avalokita, the Holy Lord and Bodhisattva, was moving in the deep course of the Wisdom which has gone beyond.

He looked down from on high, He beheld but five heaps, and He saw that in their own-being they were empty.

Here, O Sariputra,

form is emptiness and the very emptiness is form ;

emptiness does not differ from form, form does not differ from emptiness, whatever is emptiness, that is form,

the same is true of feelings, perceptions, impulses, and consciousness.

Here, O Sariputra,

all dharmas are marked with emptiness ;

they are not produced or stopped, not defiled or immaculate, not deficient or complete.

Therefore, O Sariputra,

in emptiness there is no form nor feeling, nor perception, nor impulse, nor consciousness ;

No eye, ear, nose, tongue, body, mind ; No forms, sounds, smells, tastes, touchables or objects of mind ; No sight-organ element, and so forth, until we come to :

No mind-consciousness element ; There is no ignorance, no extinction of ignorance, and so forth, until we come to : There is no decay and death, no extinction of decay and death. There is no suffering, no origination, no stopping, no path.

There is no cognition, no attainment and no non-attainment.

Therefore, O Sariputra,

it is because of his non-attainmentness that a Bodhisattva, through having relied on the Perfection of Wisdom, dwells without thought-coverings. In the absence of thought-coverings he has not been made to tremble,

he has overcome what can upset, and in the end he attains to Nirvana.

All those who appear as Buddhas in the three periods of time fully awake to the utmost, right and perfect Enlightenment because they have relied on the Perfection of Wisdom.

Therefore one should know the prajnaparamita as the great spell, the spell of great knowledge, the utmost spell, the unequalled spell, allayer of all suffering, in truth -- for what could go wrong ? By the prajnaparamita has this spell been delivered. It runs like this :

gate gate paragate parasamgate bodhi svaha.

( Gone, gone, gone beyond, gone altogether beyond, O what an awakening, all-hail ! -- )

This completes the Heart of perfect Wisdom.

(Translated by E. Conze)

どなたか日本語訳をしていただけないでしょうか!
posted by 心遍路 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

漢字パズル般若心経で脳を鍛えよう。

漢字パズル般若心経は数独(すうどく)という
パズルゲームの応用編です。
1〜9の数字の代わりにたとえば
般・若・心・経・観・自・在・菩・薩の
般若心経から任意の9文字を使い遊ぶというもので、
菅野正人さんが考えました。
問題ごとに、般若心経で使用する文字が違いますので、
自然と漢字が理解できるように工夫されています。
数字と違い、難易度は数段あがります。

ホームページで無料でゲームがVectorでダウンロードできます。
  ↓ ↓ ↓
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/game/se402267.html

本はアマゾンで購入可能です。
posted by 心遍路 at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。