2009年06月05日

高野山東京別院で四国八十八ヶ所遍路旅の続き絵展

今回、神戸在住の岡田豊一さんより案内がきましたのでご紹介いたします。

お知らせのチラシ

岡田さんは、四国八十八ケ所を歩き遍路で結願し、その旅の模様を浮世絵風にパソコンでイラストにされています。

今回、高野山東京別院のお大師様の誕生会「青葉祭り」で展示されるそうです。

日時 6月13日(土)9:00〜17:00
   6月14日(日)9:00〜17:00
   6月15日(月)9:00〜16:00

時間がある方は、ぜひ足を運んでみてください。
posted by 心遍路 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

四国遍路での食前の言葉です。

四国遍路での食前の言葉です。

食時作法(じきじさほう)とも言われています。

 「一滴の水に、天地のはからいを知り、
  一粒の米の恵みにこめられた、万民の労苦を感じ、
  有難く頂きます。 」

 「一滴の水にも天地の恵みを感じ、
  一粒の米にも万民の苦労を思い、
  ありがたく、いただきます。」

 「一滴の水にも天地の恵みがこもり、
  一粒の米にも万人の苦労がかけられています。
  有難く頂きます。 」

一つ、 私たちは天地自然や、あらゆる人々の恩恵によって生かされていることを感謝いたします。

二つ、 この食事いただくに値するよう、人の為世の為良い行いをしているか反省します。

三つ、 過ちや不幸の根拠である、貪(むさぼ)りや、噴(いかり)や愚痴(ぐち)を捨てます。

四つ、 心身の飢渇(うえ)をいやし、生命を保つ良薬と思い食物の不平を言いません。

五つ、 仏の道に精進し、円満な人格を作ります。いただきます。


先達さんによって、微妙に言い回しが違います。

ですから、その先達さんの文言をいっしょに唱えましょう。


感謝をしていただく心構えは大切ですね!
ラベル:遍路 食時作法
posted by 心遍路 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

金剛福寺の観音様、1日限りのご開帳

四国88カ所第38番札所・金剛福寺で11日1日限りの、ご本尊「三面千手観世音菩薩立像」の「還座法要」がありました。

2004年7月に修理のため財団法人美術院国宝修理所(京都市)へ送る際以来5年ぶりの公開となりました。

当日、偶然出会わせたお遍路さんはラッキーでした。

次回は2022年の開創1200年祭までないということです。


4koku88_38.jpg

2005年1月に修理作業のため頭部を一部解体したところ内部から墨書銘が発見され、南北朝時代初期の暦応5年(1342年)に造られたと判明しました。

保存されている修理木札から、確認できる直近の修理は宝暦3年(1753年)。

高知県保護有形文化財に指定されています。
ラベル:金剛福寺 ご開帳
posted by 心遍路 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

東京銀座の四国八十八カ所 へんろ文化展に行ってきました。

bunkaten.jpg

今日、東京銀座で開催されている四国八十八カ所 へんろ文化展に行ってきました。写真はそこでいただけた稚児大師立像の散華(さんげ)と入場チケットです。

会場内は、それほど多くの人がいなかったので、八十八の御本尊のお軸の前で1カ寺1カ寺「南無大師遍照金剛」を唱えて手を合わせ、ミニ四国遍路を楽しんできました。
最後に善通寺の住職より「南無大師遍照金剛」の祈祷をいただきました。
また種田山頭火の「ひょいと四国へ晴れきってゐる」に足が止まり、自分の姿をダブらせたりしました。

入場料は一般700円、高校生500円、中学生以下無料ですが、お遍路好きな人には満足の行くものでした。

詳しくはこちらまで
http://www.matsuzakaya.co.jp/ginza/fair/m071225_02.html

posted by 心遍路 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

お遍路さんとして、今頃市町村合併を考える・・・

バーチャル遍路をしていて、
今四国のどこだろうと思い最新の地図をみると
延々と○○市を歩いていることに気づきました。

歩き遍路でささやかな達成感の一つに
お札所に辿り着いた時と
県境や市町村の標識を超えたときに感じられたものです。
確実にこの数が減ったことは確かです。
私なりには、原風景が無くなっていくようにも思います。

少なくとも今からお遍路・巡礼を目指す場合は、
最新の遍路マップが必要なことはいうまでもありません。

さらに地震速報で書かれている地名がピンとこないことが
多くあるのも困ったものです。
ラベル:市町村合併 遍路
posted by 心遍路 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

土佐路をついに完歩しました!(^^)!

これはあくまでも健康ウォーキングでの出来事です。
4月15日から132日目でお四国を半周したことになります。
8月に入っての土佐の国の完歩者ではちょうど100人目でした。
同じ経験者が全国に多いことを実感します。

明日からは気分も新たに、いよいよ伊予の国に向かってスタートです。
このペースですと年内のお四国一周も夢ではなくなりました。

健康ウォーキングで嬉しいことは、完歩証明書を発行してくれることです。

完歩証明書

それと完歩者リストに名前が残ることです。

家にいながらバーチャルではありますが、お遍路体験が可能なこの試みを応援していきたいと思います。

ぜひ皆さんも参加してみたらいかがでしょう。
健康ウォーキング
https://gnl.cplaza.ne.jp/walking/index.html
posted by 心遍路 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

お遍路が 一列にゆく 虹の中

この句は、渥美清さんがお遍路を読んだ句です。
新・花遍路という番組の最終回で披露されています。

その時には、渥美さんはすでに亡くなっていました。

『お遍路が 一列にゆく 虹の中』

皆さんはこの句にどんな四国の風景を思い起こしますか。
ラベル:渥美清 遍路 四国
posted by 心遍路 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

お遍路占い発見!

uranai.jpg

へろへろ遍路さんの力作
お遍路占い
http://u-maker.com/304616.html

さてあなたは次の12人の濃いキャラクターのうち
誰になるでしょう。
  ★大師犬
  ★外人遍路
  ★団塊の世代遍路
  ★チャリダー遍路
  ★札所の住職
  ★大先達
  ★アーティスト系遍路
  ★さすらいの職業遍路
  ★バリバリ歩き遍路
  ★お接待ばあちゃん
  ★修行僧
  ★大師講のおばさま

ちなみに私は『外人遍路』でした。


続きを読む
posted by 心遍路 at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

中島みゆきさんの遍路

中島みゆきさんの遍路は1977年(昭和52年)発売のサード・アルバム「あ・り・が・と・う」に収録されています。

これがお遍路という方もいると思う。でも人それぞれのお遍路は違っているはず。彼女の世界観のお遍路は私には理解できる。
すてきな曲ではあるが著作権があるのでお聞かせするわけにはいかない。

でも、まき太郎さんがこの曲をコピーして歌っているものが聞けるのでここに紹介させていただきます。
違った意味で素敵な仕上がりになっている。

曲を聴くにはここをクリック<プレイヤーズ王国>
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=92790

歌詞はこちら
posted by 心遍路 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

鈴の音山河(すずのねさんが)

P1_G3203339E.jpg
鈴の音山河

芹洋子さんが歌う鈴の音山河をご存知ですか?
バス遍路をされた方なら一度は聞いているはずです。
1987年に四国八十八ヵ所45番札所『岩屋寺』の大西完善住職が作詞・作曲し、芹洋子さんが歌いカセットテープに収めた委託盤が広がりを見せ、お遍路さんの歌として浸透しました。
芹さんの澄んだ声と歌詞がなんともいえない仕上がりになっています。私の大好きな曲でもあります。
『巡礼のバスの中で、ガイドさんが歌った歌を聴いて感動した』『この歌をもとめたいが・・・』など、多くの問い合わせが寄せられ今回の発売となった。18年前の歌が、心の底を流れ続ける『愛唱歌』として人々の感動を呼び、いま甦がえりました。
posted by 心遍路 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。