2009年07月07日

おとなの遠足・春 2009.05.30 その3

音楽寺の大きな駐車場を抜け、梅園の駐車場の方向へ向かい、その一角に降りる巡礼みちがあります。

梅園を抜け江戸古道へ

この道は「長尾根道」と呼ばれ滑りやすいのですが、当日は雨が降ったせいか落葉に湿り気があり、意外と滑らずにすみました。

急な長尾根道を下る

小さなダムを通り、番犬が吠える農家の庭先や林道のような所を通り、山道を抜け、一度舗装道にでました。

そこで安全な県道を行く組とアップダウンの続く江戸古道を行く組に分かれました。

江戸古道はやがて急な斜面を下り沢に行き着きました。

沢を軽快に渡ります。

いつもは浅い沢も前日来の雨でいつもより深い沢を大またで渡ります。

急な「念仏坂」を登る!

その先には巡礼者が念仏を唱えながら登ったという急な「念仏坂」を登りました。

すると視界は開け、武甲山が一望できる久那地区へ出ました。

少し歩くとわれわれにカメラを向けるおじさんがいました。

多くの野鳥を拝見させてもらいました。

その家では、国からの許可をもらい野鳥を飼っていました。

鶯と目白の違いを勉強し、札所24番法泉寺にはあと少しです。

札所24番の裏道から境内に入りました。

札所24番法泉寺本堂

国道から入った場合は116段の、急な階段を登る大変なお寺です。

メンバーの奥島さんとそっくりの地蔵さん

ここには心遍路のメンバーの奥島さんとそっくりの地蔵さんがあります。

読経と納経を済ませ今日のゴール25番札所に出発です。

posted by 心遍路 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなの遠足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。