2009年07月02日

不良のススメ

瀬戸内寂聴、萩原 健一共著 角川学芸出版 価格:¥1,575

不良のススメ

不良とは品行・性質がよくないこと。また、その人とある。

四国お遍路を何度も歩いているショーケンこと萩原健一。

その後のトラブルなど、栄光と挫折の人生を送ってきている。

そんな天衣無縫なショーケン(萩原健一)を庇い続けてきた寂聴さん、そんな寂聴さんを慕うショーケン。

このコンビが仕事・恋愛そして人生への想いを、この本に綴っている。

小説、役者、音楽など常に新たな表現を模索してきた二人が、仕事、恋愛はてはマザー・テレサ、そして人生についても語り、その思いを明かしている。

不良のススメ

不良としてのショーケンが変わっていないことを再確認できる1冊である。

アマゾンで購入の場合はココをクリック


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ベラボーな生活』 玄侑宗久 著 (朝日新聞社)
Excerpt:  最近、周囲に鬱を患っている人が多い。告白を受けた人だけでもそれなりにいるわけだから、実際はもっと多いのだろう。  知り合って20年になる後輩Aは誰もが知っている優良企業に勤め年収も私の3倍以上はあ..
Weblog: エルミタージュ図書館
Tracked: 2009-07-18 09:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。