2009年07月01日

おとなの遠足・春 2009.05.30 その2

23番音楽寺へは、江戸古道沿いに原風景の残る土の進みます。

国道まで昔懐かしい道を進む

途中グミの木を見つけ、しばし幼少に帰り口に運びました。

グミの木を見つけ、しばし幼少に帰る

県道を横切り「小鹿野道」を行きました。

ぬかった結構きつい山道を登る

前日の雨で、ぬかった結構きつい山道を登りました。
次第に会話も途切れがちになります。
逆にこれも修行とがんばろうと心には誓うものの、やっとのおもいで尾根にたどりつきました。

しばらく歩くと有名な13地蔵(十三仏)が待っていてくれました。

13地蔵(十三仏)

先ほどまでは聞こえなかった、ホトトギスの声も聞こえます。

13仏の前でしばしの休憩

そして以前は、武甲山と秩父の町を見下ろせる素晴らしい場所でしたが、今では個人の所有地らしく、モダンな家が建ってしまい、その楽しみを奪ってしまっております。

23番音楽寺は、そこから5分のところです。
秩父ミューズパークの中にあります。
本堂の左を更に登ったところに観音堂があります。

音楽寺の梵鐘に刻まれた千手観音

音楽寺の梵鐘は、さすがという鐘の響きと余韻です。
鐘の表面には観音様が刻まれています。

演歌歌手のヒット祈願などが・・・

音楽寺という名前のせいか、絵馬を下げる場所には、演歌歌手のヒット祈願や、高校吹奏楽部の全国大会出場祈願などが多く掲げられていました。

音楽寺での読経

お参りを済ませ納経もいただき本日の山場、23番から24番への江戸古道といよいよ進んでいきます。



posted by 心遍路 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなの遠足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。