2009年05月28日

おとなの遠足・春 2009.05.17 その4

14番今宮坊を巡ったあとすぐに今宮神社に立ち寄りました。

真ん中に龍神様が見えるあなたには幸運が

龍神木は推定樹齢1000年以上で『駒つなぎのケヤキ』と呼ばれ、幹には大きな穴が開いており、そこに龍神様が見えるようなきがします。

続いて秩父夜祭でも有名な秩父神社にも寄り道です。

秩父神社の拝殿

左甚五郎の彫り物など見所もいっぱいです。

左甚五郎作子育ての虎

15番札所少林寺は、参道を通ってここから目と鼻の先です。

秩父神社の参道を15番少林寺へ

少林寺で参拝を済ませました。

少林寺の本堂の鰐口の上にはたくさんの千社札

いつ降り出してもおかしくない天気にも関わらず、ここまでもってくれました。

その代わり武甲山は、かすんでその勇姿を拝むことの出来ない1日でした。

少林寺から5分で今日のゴール13番慈眼寺に到着です。

13番慈眼寺の本堂内で読経をしました。

本堂にあがらせていただき読経をさせていただきました。


おとなの遠足・春は、いよいよ5月30・31日で結願です。



posted by 心遍路 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなの遠足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。