2009年04月09日

こみねもみじの赤ちゃんの手

今の季節、秩父8番札所西善寺のこみねもみじも若葉が赤ちゃんの手のように広がります。

西善寺のこみねもみじ

御住職の奥様が年中このもみじを見ていてもこの季節のもみじが一番好きだと話してくれました。

じっと冬を過ごし、春とともに一斉にそのエネルギーを放出している生き生きとした姿で生きる勇気を授かるとも。


私も素直にそう思います。

今、まさにみごろのこみねもみじ。

秋の紅葉の見方も、今のこの姿を目に焼き付けておくと楽しみが倍になりますよ。

こみねもみじの向こうに武甲山

そしてこの時期だけこみねもみじの向こうに武甲山がすけて見えますよ。


おとなの遠足では、4月19日にここ西善寺も訪ねます。



おとなの遠足・春 詳細ページはこちら


posted by 心遍路 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。