2009年03月17日

秩父1番 誦経山四萬部寺のココだけの見どころ

下の写真の格子戸の上と下の違いがわかりますか。

四萬部寺の不思議な格子戸

秩父34カ所1番札所の四萬部寺の本堂の右側の格子戸が不思議な組み方になっているとご住職に教わりました。

もう一度よくみてください。

下の格子戸は縦木が上で横木が下で組み合わされているのに対し、上の組み木はどうでしょう?

一つづつ縦木と横木が糸を編むように交差しているのです。
このような細工が施された格子戸は今ではこの1枚が残るだけだそうですが、職人技に見ほれてしまいました。


でもどうやって作ったんだろう。


posted by 心遍路 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。