2009年03月05日

善光寺のなで仏「おびんずるさん」東京へ 御開帳に向け治療のため入院へ

善通寺のご開帳に合わせて宿坊に1泊するツアーを開催します。

4月12日(日)と13日(月)の1泊2日でご開帳の善光寺を訪ねます。

宿坊は1400年前から善光寺の永代の宿の玉照院を利用します。



第7回目は善光寺のおびんずるさんの話です。

善光寺で、触れると病気が治るとして参拝者に親しまれている木像「賓頭盧(びんずる)尊者座像」が1月23日、寄木接合部の修復のために、東京芸術大大学院に向け搬出されました。

現在、その場所には等身大のパネルが安置されております。

4月5日に始まる「御前立本尊(おまえだちほんぞん)御開帳」に間に合うよう修復を終え、3月中には戻ってくる予定です。

おびんずるさん

善光寺の尊者像は江戸中期の正徳3年(1713年)に造られたとされる木製の座像で、高さ約80センチ。

多くの人々になでられた腹部やひざはつるつるで、目や鼻、口は元の形が分からないほどすり減っています。

さらに肩にひびが入ったり、右手の指が欠けたりと満身創痍(そうい)の状態でした。

それだけ多くの人々の願いを体に受け止められた結果です。


注目すべきは、フランスの「ミシュラン」が2007年に発行した日本旅行のガイドブック(フランス語版)で、善光寺の尊者像は県内で唯一、最上級の☆3つのお薦めスポットに挙げられました。
編集者は良く見ているということです。

なぜか善光寺は☆2つでした。

身近に触れてご利益を提供する尊者のほうが秘仏のご本尊を凌駕したということでしょうか?!


尊者像が「300歳」になる2013年に新たな像に代える構想も浮上したそうですが、「いきなり目や鼻が付いて戸惑う参拝者も多いかもしれない。

親しまれている今の像のままで、と立ち消えになった」(若麻績信昭寺務総長)ということです。


善光寺境内には、この他に2体のびんずる尊者が安置されています。

ぜひ3体の尊者座像に触れてみてください。
posted by 心遍路 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(6) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

`12m9B06EU84Q49[FA
Excerpt: 善光寺について調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とり...
Weblog: 善光寺
Tracked: 2009-03-07 22:44

07F06607F066U84Q49[FA
Excerpt: 善光寺について気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純に善...
Weblog: 善光寺
Tracked: 2009-03-08 08:05

U84Q49[FA0D90B90C8
Excerpt: 皆さん結構ブログやってんですね。話題も豊富でみんないろいろのことが気になってる...
Weblog: 善光寺
Tracked: 2009-03-10 14:32

U84Q49[FA01B4eB906F05306EN8B[9F092wE508906A04F06604404406E04B
Excerpt: 何気にはまってる善光寺。インターネットには沢山の善光寺に関連したブログやHPが...
Weblog: 善光寺
Tracked: 2009-03-12 18:30

U84Q49[FA01B4eB906F05306EN8B[9F092wE508906A04F06604404406E04B
Excerpt: 何気にはまってる善光寺。インターネットには沢山の善光寺に関連したブログやHPが...
Weblog: 善光寺
Tracked: 2009-03-14 12:39

CFU84Q49[FA
Excerpt: 善光寺とにかく気になります。善光寺について毎日検索してしまうのです。今日はこの...
Weblog: 善光寺
Tracked: 2009-03-17 06:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。