2009年01月06日

七福神 其の三

昨日、心遍路高田馬場事務所へ訪れたときの事です。お話が一段落した後、何やら福本理事長がガサゴソとダンボール箱をいじりだし、満面の笑みで私に襟に色の付いた半纏を見せてくれたのです。

090105_133155.jpg

それはココテンの七福神参りで提案される心遍路オリジナルの七福神半纏だったのです。

理事長曰く・・・
『半纏の背中の部分に七福神の名前が印刷されておりますが、そこにご朱印を押していただき、その下の余白の部分に寄せ書きを入れていただきます。受験生のお子さんへプレゼントしたり、いろいろと使えそうですよね。自身の足で歩いて回った七福神参りですからご利益もいただけそうな感じがしますよね。』

フムフム・・・。

私は・・・七福神参りの重ね印の功徳の事を考えてみました。お四国にしろ観音霊場にしろ何回も何回も巡礼して納経帖が真っ赤になるほど回りきるというのは至難な事かと思われます。しかし七福神参りでしたら掛かっても一日で回れきれますから、重ね印が時間的な負担もなく経験でき、ご利益もたくさんいただけそうかなぁ〜と。

今回の七福神参りではこの半纏をかなりお安く提供するお話をしていた福本理事長の布施行に合掌です。

posted by 心遍路 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 七福神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。