2009年03月31日

四国遍路での食前の言葉です。

四国遍路での食前の言葉です。

食時作法(じきじさほう)とも言われています。

 「一滴の水に、天地のはからいを知り、
  一粒の米の恵みにこめられた、万民の労苦を感じ、
  有難く頂きます。 」

 「一滴の水にも天地の恵みを感じ、
  一粒の米にも万民の苦労を思い、
  ありがたく、いただきます。」

 「一滴の水にも天地の恵みがこもり、
  一粒の米にも万人の苦労がかけられています。
  有難く頂きます。 」

一つ、 私たちは天地自然や、あらゆる人々の恩恵によって生かされていることを感謝いたします。

二つ、 この食事いただくに値するよう、人の為世の為良い行いをしているか反省します。

三つ、 過ちや不幸の根拠である、貪(むさぼ)りや、噴(いかり)や愚痴(ぐち)を捨てます。

四つ、 心身の飢渇(うえ)をいやし、生命を保つ良薬と思い食物の不平を言いません。

五つ、 仏の道に精進し、円満な人格を作ります。いただきます。


先達さんによって、微妙に言い回しが違います。

ですから、その先達さんの文言をいっしょに唱えましょう。


感謝をしていただく心構えは大切ですね!
ラベル:遍路 食時作法
posted by 心遍路 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

詩集 念ずれば花ひらく

坂村真民 サンマーク出版 価格:各¥1,050円

詩集 念ずれば花ひらく

念ずれば花ひらく

念ずれば

花ひらく


苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった

そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと

ひとつひとつ

ひらいていった


坂村真民(さかむら しんみん)は、国民詩人との呼び声も高く、さりげない言葉でつづられた詩に込められた深い心情と限りない情熱は多くの人の心をうち、日本国内にとどまらず、海外でも高い評価を得るに至っている詩人です。

平成18年12月11日に97歳で永眠されるまで、精力的に創作活動をこなされました。

秩父2番札所真福寺の本堂に掛かる額

秩父の札所にも念ずれば花ひらくの額がかけられています。


アマゾンで購入の場合はココをクリック

2009年03月29日

武蔵野33・11番/狭山33・7番 青い屋根が印象に残る

no-title狭山33

武蔵野33観音霊場11番札所・狭山33観音霊場7番札所(兼務)

上洗山普門院(ふもんいん)


真言宗豊山派 本尊:千手観音

普門院

参道から門に入る左手前に、北向の六地蔵菩薩がお祀りされている。

昔から子供の守本尊として夜泣き、病気など母親の悩みごとなどを解決して下さる、霊験あらたかなお地蔵さまである。

ぼけよけ地蔵尊

山門を潜って直左側に、「ぼけよけ地蔵尊」を祀るお堂があります。

ここのお地蔵様と一緒に、なんともいえない顔のおじいちゃん、おばあちゃんが一緒に並んでします。

あまり知られていませんが、ぼけよけ二十四地蔵尊霊場は、関西の和歌山県・大阪府・奈良県に点在しています。

関東には一つもないことから番外として、所沢の普門院に置くことになったそうです。

●住 所
〒359-1142 埼玉県所沢市上新井189
TEL:04-2922-2814



■■ 取材エピソード ■■

蓮の鉢があり、季節になると楽しめます。

寺院では珍しい青い瓦が印象的な雰囲気のあるお寺です。
本堂には上がって参拝できませんが、納経所での対応が気持ちの良いお寺です。
posted by 心遍路 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵の国100観音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

狭山33・6番 瑞岩寺は獅子舞が有名

狭山33

狭山33観音霊場6番札所

祥雲山瑞岩寺 (ずいがんじ)


曹洞宗 本尊:十一面観音

祥雲山瑞岩寺

所沢の山口地区は、中世に山口氏という武家が支配していましたが、この瑞岩寺も室町時代初期に山口城主山口氏の菩提寺として慶長19年(1614年)に創建されました。

道路より一段高くなったところに瑞岩寺の山門が見えてくる。山門の左右に仁王像がそびえ、参拝者を出迎えてくれます。

岩崎簓獅子舞

瑞岩寺の「岩崎簓獅子舞」は毎年10月の第2土曜日に催されています。

伝説によれば、当地の地頭宇佐美助右衛門が大坂冬の陣の帰途に京都で3頭の獅子頭を求め、村の若者に稽古させたのが始まりといわれています。

この獅子舞は、八角形に縄張した舞台内で二頭の牡獅子が牝獅子を巡って争うという様を表現したものだということです。

●住 所
〒359-1145 埼玉県所沢市山口400
TEL:04-2922-6569



■■ 取材エピソード ■■

法事と重ならなければ本堂に上がれる札所

山門を入って左側にある不動堂の前には十二支をかたどったお地蔵さんたちがかわいらしいです。
とても落ち着いた感じのお寺です。藤棚があり見ごろにはきれいな花を咲かせます。
posted by 心遍路 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵の国100観音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

仏教四文字熟語辞典

上巻・下巻 須藤隆仙著 新人物往来社 価格:各¥3,570

仏教四文字熟語辞典 上巻仏教四文字熟語辞典 下巻

著者は函館・浄土宗称名寺住職をされています。

「逢縁機縁(あいえんきえん)」にはじまり「和泥合水(わでいがっすい)」におわる約1000の四字熟語が解説されています。

逢縁機縁はともかく和泥合水の解説にはこう記されています。

「高僧が修行者や世人を教導しようとの慈悲心から、泥にまみれ、水に濡れることをいとわず、迷い人の間に入って教化につとめること。」

素晴らしいです。

こんな熟語もあります。

「花多果少(かたかしょう)」

〜花多くして果実は少ない。仏道修行者はあまたいるが真の悟りを得る者は極めて少ない。

なんとコメントすればいいのか悩みます。お坊さんも様々なようです。

選者が気になった熟語を記します。読み方も含めてぜひ本書でお調べを。


「物物頭頭」

「君子可八」

「愛欲広海」




アマゾンで上巻を購入の場合はココをクリック

アマゾンで下巻を購入の場合はココをクリック
ラベル:四字熟語 仏教

2009年03月26日

おとなの遠足 気軽にプチお遍路さん体験してみませんか?

次回4月5日は秩父のおとなの遠足の日です。

今日訪ねてきた方に、私たちの資料をみせたところ、

秩父34カ所巡礼巡りよりも

気軽にお遍路さん体験してみませんか?

の方が興味を持ってくれるんじゃないですかとアドバイスをいただき、

さっそくブログに書き込んでいます。

気軽にプチお遍路体験しよう!

やっていることはまさにお遍路さん体験なんです(^^♪

ぜひあなたもプチお遍路さんになってみませんか?


おとなの遠足の詳細はココをクリック
posted by 心遍路 at 17:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

六地蔵さんが出迎えてくれる

六地蔵とは地蔵菩薩の像を6体並べて祀ったものです。
これは、仏教の六道輪廻の思想(全ての生命は6種の
世界に生まれ変わりを繰り返すとする)に基づき、
六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から
生まれたものです。

六道と受け持ち地蔵さん
地獄道 → 檀陀(だんだ)地蔵または金剛願地蔵
餓鬼道 → 宝珠地蔵または金剛宝地蔵
畜生道 → 宝印地蔵または金剛悲地蔵
修羅道 → 持地地蔵または金剛幢地蔵
人 道 → 除蓋障(じょがいしょう)地蔵または放光王地蔵
天 道 → 日光地蔵または預天賀地蔵
と称する場合が多いです。

6番卜雲寺の6地蔵

観音信仰の秩父の札所ではいたるところでこの地蔵さんが
出迎えてくれます。

8番西善寺の6地蔵
posted by 心遍路 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

日本の古寺名刹を巡る

一個人編集部 KKベストセラーズ 価格:¥500

日本の古寺名刹を巡る

目次をみるとお分かりのようにおいしいとこどりの1冊です。

●護摩豆腐、山菜、湯葉、竹の子など仏教の味と心に感謝 古寺名刹で精進料理をいただく
●空海がつくった山上の聖なる宗教都市を歩く 空海と高野山
●忌野清志郎さん「発心の道場」を走る 四国八十八ヵ所お遍路の旅
●写経、座禅、阿字観、一日回峰行など 身も心も洗われる一日仏教体験へ
●正法寺の梅、霊鑑寺の椿、三室戸寺の紫陽花 京都花の寺巡りカレンダー
●護摩行、滝行、座禅、写経など仏教を肌で感じる旅 体験の宿「宿坊」に泊まる
●1泊2日×4回、秩父の味と温泉を愉しみながら 観音様をすべて巡る8日間のプラン 心洗われる秩父三十四ヵ所霊場めぐり
●寺社の美術館を巡る
●仏教の伝統行事と祭りを愉しむ

単なる観光にとどまらない愉しみ方を提案していきます。


アマゾンで購入の場合はココをクリック
ラベル:名刹 古寺

2009年03月23日

秩父2番 納経所光明寺のココだけの見どころ

秩父札所二番 真福寺から歩いて30分のところに納経所の光明寺があります。

仁王像が並ぶ境内入口の左側に、真新しい「鐘楼堂」が完成しました。

釣り鐘は66年ぶりの復活ということです。

光明寺の鐘付き堂

鐘はまだ輝きがあり、めったに見れない姿でした。

今回、お寺の許可をいただき撞かせていただきました。

鐘の余韻がありがたい

ほど良い余韻もありありがたい気持ちになりました。


注意)鐘を撞く場合は、あらかじめお寺に断ってからということです。
ラベル:光明寺
posted by 心遍路 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

心遍路のおとなの遠足は、レンタル巡礼さんセットが支えてくれる!

今から秩父に、おとなの遠足で秩父三十四巡礼にいってきます。

私たちの会は全員お遍路さん姿になるのですが、それを支えているのが西武秩父駅前の秩父観光情報館で借りれるレンタル巡礼さんセットです。

レンタル巡礼さんセット

初めての人でも、このセットがあるということで、1日レンタルで菅笠、おいづる、わげさ、ずた袋、金剛杖の5点を800円で借り、秩父巡礼をスタートできます。

まだ借り手が少ないということで真新しかったですが、初めての人にはうってつけだと思いました。

あっという間にあなたもお遍路さん

あっという間にあなたもお遍路さんに大変身です。


問い合わせ 秩父観光情報館 0494-25-3192
ラベル:秩父三十四
posted by 心遍路 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

西国三十三カ所結縁御開帳情報(現在4月開催分)

西国三十三カ所では平成20年9月より平成22年5月末までの間、随時ご開帳が開催されています。

正式名称を「覚醒 観世音菩薩 慈悲の心」−西国三十三所結縁御開帳と称し、ご本尊を公開し皆様のご縁を結ぶことを願って開催されるものです。

4月開催の札所の開帳情報をお知らせいたします。

頂法寺(六角堂)

   6番 壺阪山南法華寺   平成20年10月1日〜平成21年5月31日

   7番 東光山岡寺     平成21年4月1日〜7月31日

   8番 豊山長谷寺     平成21年4月1日〜7月31日

   13番 石光山石山寺    平成21年3月1日〜5月31日

   16番 音羽山清水寺    平成21年3月1日〜5月31日

   17番 補陀洛山六波羅蜜寺 平成21年4月26日〜5月6日

   18番 紫雲山六角堂頂法寺 平成21年3月3日〜4月12日

   27番 書寫山圓教寺    平成21年4月1日〜6月30日

   28番 成相山成相寺    平成21年4月5日〜5月31日

   29番 青葉山松尾寺    平成20年10月1日〜平成21年9月30日

青地の太文字は4月以降のご開帳がない札所です。
posted by 心遍路 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

キヤノンの社名の由来は「観音」!?

キヤノンの名前の由来が観音から来ているって知っていました!?

1933年に精機光学研究所を設立したとき、初代のカメラの試作機が、「KWANON(カンノン)」と名づけられました。

この名前は、観音様の御慈悲にあやかって、世界一のカメラを創る夢を実現したいとの願いを込めたものでした。

そのマークには、千手観音が描かれ、火焔をイメージした
KWANONの文字がデザインされていました。
                             キヤノンの会社案内より

origin_01.jpg

  秩父の4番〜5番の途中にはキヤノン電子株式会社があり、
  秩父のガイドブックを無料で配布しています。
         ↓ ↓ ↓
        http://www.fudasyo.com/index.html
posted by 心遍路 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

秩父34カ所のバリアフリー巡礼がスタート

いよいよ、クラブツーリズムと共同で秩父34カ所のバリアフリー巡礼がスタートしました。

快晴で風もなく穏やかな春日和の中、3人の視覚しょうがいの方+盲導犬1頭とトラベルサポーターの方が9人の参加でした。

心遍路でも福本正幸、鈴木規元と秩父札所公認先達の川田惠子さんで
同行させていただきました。


1番札所四萬部寺では、丹羽信哉ご住職に盲導犬の白衣に南無観世音菩薩と同行二人の文字を書いていただき34箇所すべての参拝に勇気をいただきました。

盲導犬コナンの巡礼姿


ご住職の話では元禄八重紅梅はまさに見ごろということで、みんなで愛でました。

元禄八重紅梅は今が見ごろ


2番札所の登りも数回の休憩を挟み全員で参拝ができました。

先達の川田さんと2番へ


その後交代でアイマスクをし、誘導ガイドの練習をおこないました。

誘導ガイド体験



次につながる取り組みですので、興味のある方はご参加ください。


詳細はコチラ
posted by 心遍路 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

秩父1番 誦経山四萬部寺のココだけの見どころ2

秩父34カ所1番札所の四萬部寺の境内には関東屈指の施食殿があり、その前に「元禄八重紅梅」がこの時期満開になっています。

写真は昨年のものです。

四萬部寺の元禄八重紅梅

昨年のご開帳の際に配られた蓮の花びらをかたどった散華の1番さんのデザインもこの元禄八重紅梅をモチーフにしたものでした。


この銘木は元禄十年に植えた老木が朽ち果てた後、根より再び芽吹いて今なお咲き誇っていると言われています。


今日は秩父のバリアフリー巡礼の1回目です。

最新の写真をまたご紹介します。
posted by 心遍路 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

秩父1番 誦経山四萬部寺のココだけの見どころ

下の写真の格子戸の上と下の違いがわかりますか。

四萬部寺の不思議な格子戸

秩父34カ所1番札所の四萬部寺の本堂の右側の格子戸が不思議な組み方になっているとご住職に教わりました。

もう一度よくみてください。

下の格子戸は縦木が上で横木が下で組み合わされているのに対し、上の組み木はどうでしょう?

一つづつ縦木と横木が糸を編むように交差しているのです。
このような細工が施された格子戸は今ではこの1枚が残るだけだそうですが、職人技に見ほれてしまいました。


でもどうやって作ったんだろう。
posted by 心遍路 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

秩父鉄道、御花畑駅の愛称を来月から芝桜駅に

先日笑点で、林家たい平師匠が御花畑駅のことを紹介していましたが、このほど愛称(副駅名)を「芝桜駅」にすると秩父鉄道から発表されました。

4月1日からということで、嘘のような本当の話だそうです。

御花畑駅は秩父市大宮の羊山公園・芝桜の丘への最寄り駅で、西武秩父駅からも歩いて5分というところにあります。

芝桜の丘は県内外に広く知られた観光スポットです。

昨年もゴールデンウイーク中の人出が全国十位にランクされたほどの人気です。

このため「『芝桜の丘=御花畑駅』とのイメージをさらに浸透させるために副駅名を設定した」といいます。


御花畑駅でも十分メルヘンなのですが、混乱が心配です。
posted by 心遍路 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

秩父が呼んでいる!!!!

今日は久々の青空です。

いよいよ秩父巡礼の始まりです。


18日には視覚しょうがいの人と一緒に巡るバリアフリー巡礼の始まりです。

また、22日からは定番のおとなの遠足が始まります。


月数回の秩父は、体と気持ちをリフレッシュさせてくれる効果があります。

草花の芽吹きもリアルタイムに楽しむことができる秩父に気持ちが高ぶりっぱなしです。

武甲山を望んで巡る

毎回武甲山はどんな姿で出迎えてくれるでしょう!
posted by 心遍路 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

お遍路を前に般若心経を練習してみませんか。

私たちのお経に対する基本は、広い境内でお腹から大きな声を出すことによる爽快感を得ることです。

般若心経を読経する

お経を眼で見てもなかなか、頭には入ってきませんが、自分の声を耳から聞くことで数段暗記するための近道にもなります。

キリスト教の讃美歌のように、お経も大勢で読むことでコーラスを始めたような効果を得られます。

川島隆太東北大学教授(医学博士)は声に出して読むことが脳を活性化し、ボケ防止や子どもたちの健全育成に効果があると教えています。

声を出すために眼で読む、このことは、難解なお経そのものを自分なりに消化するためにもとても役にたちます。


四国遍路は般若心経を唱えます。

観音巡礼は般若心経・十句観音経を唱えます。



とりあえず音源を聞いてみる。


心遍路般若心経・十句観音経のページ

今回聖福寺 関守研悟住職から般若心経と延命十句観音経の音声をご提供いただきました。
posted by 心遍路 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておこうよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

金剛福寺の観音様、1日限りのご開帳

四国88カ所第38番札所・金剛福寺で11日1日限りの、ご本尊「三面千手観世音菩薩立像」の「還座法要」がありました。

2004年7月に修理のため財団法人美術院国宝修理所(京都市)へ送る際以来5年ぶりの公開となりました。

当日、偶然出会わせたお遍路さんはラッキーでした。

次回は2022年の開創1200年祭までないということです。


4koku88_38.jpg

2005年1月に修理作業のため頭部を一部解体したところ内部から墨書銘が発見され、南北朝時代初期の暦応5年(1342年)に造られたと判明しました。

保存されている修理木札から、確認できる直近の修理は宝暦3年(1753年)。

高知県保護有形文化財に指定されています。
ラベル:金剛福寺 ご開帳
posted by 心遍路 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

土筆 この漢字はなんと読みますか?

おとなの遠足の1回目は3月22日(日)ですが、

この時期は草花が芽吹き、生命力を歩きながら感じられます。


秩父は都内より10日程度遅い状態で春が進みます。

2番札所まではミニ登山?で向かいますが、観音様はご褒美を用意しています。


様々な種類の梅の花を楽しみながら、足元を見ると

都会では見なくなった土筆がいたるところにあります。

そういえばタイトルが「土筆」この漢字はなんと読みますか?

でしたので答えは「つくし」です。


下の写真は、昨年参加したメンバーですが、

土筆 つくし ツクシ

一心不乱に土筆を探しているの図です。


成果はこちら

本日の成果です!

後日、おひたしにしておいしく食べたそうです。


それから彼のことをみんながつくし君と呼ぶようになったとさ。


おしまい!(^^)!


おとなの遠足は現在参加者を受け付けています。

詳細はコチラを読む
posted by 心遍路 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父三十四ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。