2009年01月31日

30%

いよいよ明日の2月1日(日)は心遍路主催によりますココテン小江戸川越七福神巡りとなります。

こちらのブログでも再三情報提供させていただきましたが、来月度よりココテン七福神巡り専用のブログが開設されることとなりました。
『心遍路のありがとう』でもしっかりバックアップさせていただけたらと思っております。

ところで気になるのはあしたの空模様。
予報では曇りのち晴れ、午前中の降水確率は30%。
最高気温11度とかなり底冷えしそうな一日かと思われます。

ココテン七福神巡りの参加者の皆様には是非防寒対策をして風邪などひかぬよう御留意下さいませ。

また各寺院におきまして渡部やえさんの歌の奉納がありますが、参加者をはじめ参詣者の方々も一緒になって盛り上げていければいいかなと思っております。

それでは明日の小江戸川越七福神巡り、参加者一同無摩成満されますようお祈り申し上げます。


30%@心遍路サイトウ
posted by 心遍路 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

今週のお勧め本

『今日から修行に行ってきます』
〜たるんだ日々にビリッと喝じゃ!〜
絵と文 山路南  JTBパブリック 定価1,200円 

32038321.jpg

目次

宇宙に包まれたひととき 坐禅
集中力全開でお習字 写経
墨の香りでアロマ寺ピー 写仏
不思議な顔のできあがり 土ぼとけ
死ぬかと思った 修験道
コスプレ修行だ! 日帰り尼僧
食欲は究極の欲望なり 断食
これってマクロビ 精進料理・精進料理レシピ
心のツボにひと突き 人生相談
実はかなり濃い修行 内観
いろんな人生との出会い 宿坊1泊2日


座禅をしてみたいな〜、精進料理を食べてみたいな〜、宿坊に泊まってみたいな・・・的なちょっとお寺様の雰囲気を肌で感じてみたいという方から、滝行に挑戦してみたい、お寺様に参篭してみたい・・・的にプチ修行されてみたい方々のニーズに答えられた一冊となっております。

山路南さん独特のイラストと山路南さんご自身が体験された素直な感想が表現された文面がうまくマッチングして独特の世界観を築いております。

とても身近な友達と会話しているような、そんな錯覚をしてしまいそうな親しみ感のあるものでもあります。

また、心遍路で今年度企画されております武蔵の国百観音霊場で立ち寄ります武蔵野33観音霊場結願寺「竹寺(八王寺)」の精進料理も紹介されております。

アマゾンで購入の場合はココをクリック


今週のお勧め本@心遍路サイトウ



2009年01月29日

福結びハッピー

谷中の七福神巡りで、心遍路が頒布しましたココテン七福神半纏(その名も福結びハッピー)、参加者の殆どの方々が購入され評判が良かったです。

今回の小江戸川越七福神でも参加者にお分けします。

ひとつづつのお寺でご朱印をいただいていきます。モデルは渡部やえさんです。


今回もやえさんの歌の奉納があります。
とても楽しい七福神巡りのアイテムとしてぜひ福結びハッピーをご購入ください。

福結びハッピーの情報はコチラ!

posted by 心遍路 at 12:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 七福神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小江戸川越七福神霊場会さん よろしくお願いいたします。

いよいよ今度の日曜日です。

まだ参加人数に余裕がありますので、よろしくお願いいたします。

申し込みはココをクリック

小江戸川越七福神霊場会さんも協力体制をひいてくれてます。
当日よろしくお願いいたします。

また気になる天気は「曇りのち晴れ」ちょっぴり寒そうですが七福神日和になるはずです。



最新の天気予報情報はココをクリック

ラベル:川越 七福神
posted by 心遍路 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 七福神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

天神様のキーワードは<梅>と<牛>

渋滞も手伝って谷保天神には16時45分に到着しました。
あたりはやや薄暗くなっていました。

本殿へ向かう下り階段右横の木に大きな鳥が数羽とまっていました。なんとチャボがその木で休んでいたのです。
聞くと普段は境内を放し飼いされているそうで、なんでも例大祭で使う獅子頭の毛が足りなくなった時から飼われているそうです。

木に止まり休むチャボ

さすがに天神さんだけあり境内に入る前に牛の石造がありました。
さらに中にもなで牛がありました。なで牛は撫でた箇所にご利益があるといわれ、学業成就は牛の頭や角、身体の痛む場所を撫でれば病気平癒などの願いがかなうのだそうです。

天神様には牛!

広い境内で参拝し、社務所に行きご朱印をいただきます。

ここのうそ替えは11月3日ということで境内は静まり返っておりました。

合格祈願の絵馬は種類も多く、沢山願いがかけられておりました。

また梅園も早い梅は花びらが散っていましたが、全体では2分咲きでした。

すでに散っている梅の花びら

一日<梅>と<牛>に出会う取材でありました。
posted by 心遍路 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝勤行 其の二

早朝6時30分から始まる朝勤行に参座するため愛車を飛ばすサイトウです。

私の愛車は1800ccの1tの車重もないライトウェイトスポーツです。

昔から大排気量のスポーツカーには興味がなく、狭いコックピットのようなドライバーズシートに身を沈めるのが大好きなんです。

1t満たない車重で馬力がネット140馬力超えてますのでパワフル!! しかもミッドシップですからトランクションがいいためドライならタイヤも空回りすることなく加速してくれるのが嬉しい♪

しかもハンドリングはオン・ザ・レール感覚!! 自分の腕が上がったように錯覚してしまうほどなんです。

スイマセン^^;;;;

話がそれてしまいました(≧▼≦;)アチャ


朝勤行のお話でした・・・・・。


この間、時間が空き次第、朝勤行に参座しておりましたら、いつも私の横で大きな声で読誦されている檀家さんから・・・・

「如意輪様のお供え物を下げた果物がありますからお一つ持っててください。」

と声をかけていただきました。

090126_083704.jpg

私は香りの良い王林を頂き、声を掛けていただきました檀家さんに御礼を述べ、お寺を後にしました。

夜が明けた都会のアスファルトに愛車のエキゾーストノートが響き渡るサイトウの朝勤行でした。


朝勤行其の二@心遍路サイトウ
posted by 心遍路 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きがい創造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「よくお参りいただきました」の心が嬉しかった。

予定には入っていなかったのですが、谷保天満宮までの道のりが長いために急遽寄らせてもらいました。

境内は凛として気持ちよい空気が流れ、参拝そのものを感謝いたしました。

本殿右側には松下村塾を模した建物がありました。松下村塾の著名な門下生には久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、入江九一、伊藤博文、山縣有朋、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義、野村靖、飯田俊徳、渡辺蒿蔵(天野清三郎)、松浦松洞、増野徳民、有吉熊次郎などがおります。

「吉田松陰」と「松下村塾」の名は門下生達の活躍により、全国に轟き、現在まで語り継がれる歴史上稀に見る奇跡の私塾となったのです。

本名の「吉田寅次郎藤原矩方墓」と刻まれています。吉田松陰先生の像

敷地内に吉田松陰先生の墓がありました。
墓石の角が削られているので、受験生がかけらを持ち帰っているのではと思えました。


「一日一字を記せば 一年の中 三百六十字を得
  一夜一時を怠らば百歳の間三萬六千時を失う」


  の絵馬に合格祈願が成就するような気持ちになりました。

絵馬

ご朱印にはおおよそ5分ほどかかりましたが、手渡しいただいたときに「よくお参りいただきました」と声をかけられとてもありがたい気持ちになりました。
posted by 心遍路 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココテン七福神は若々しさが売りですヽ(^o^)丿

ココテン七福神巡りのキャラクターが決まりました。


ココテン七福神、今 船出します。

とにかく渋い割には若々しい。

何ともいえないりりしい姿に可能性を感じます。

七福神コーナーで今後どんどん登場しますのでよろしくお願いいたします。


イラストレーターの仁さん、本当にありがとう<^!^>
posted by 心遍路 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 七福神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

栄誉権現社は、今が☆彡お徳

上野東照宮は本来拝観料200円を払わないと入場できませんでした。

当然ですが、栄誉権現社も拝観料を払わなければお参りできませんでした。


しかし、五年間の文化財保存修理の間は、栄誉権現社には無料でお参りができるのです。


その分のお金をお賽銭にまわしてみることで、栄誉権現が願いを聞き届けてくれるのでは耳
posted by 心遍路 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合格祈願の大本命!湯島天神で番号札!?

鳥居をくぐり境内に入ると、出店もあり大変多くの受験生とその家族で賑わっておりました。

にぎやかな境内風景

たまたま参拝したときに本殿では結婚式が執り行われておりました。

絵馬に願いを書く子供とそれを見守る親がいたるところで見られました。

絵馬に熱心に願いを書く受験生あふれんばかりの絵馬の数々

絵馬掛け所の絵馬の数も他の神社を圧倒する量で、あふれんばかりでした。

やはり天神様の境内は梅が似合います。
寒い日でしたが様々な種類の梅の花が三分咲きでしたが咲いておりました。


混んでいることの象徴として、社務所にてご朱印をお願いした際に引き換えの番号札を渡されました。

こんな経験は今までで初めてのこと。でも間違い防止のためには必要なことでもあると感心しました。手(チョキ)

その間、こぶ茶のお接待を受け、合格祈願用のお守り・お神札・鉢巻・鉛筆の学業4点セットなどを拝見しました。
ご朱印も5分程度でいただくことができました。

1月25日〜うそ替え神事が行われるということで、ポスターが貼られておりました。
うそ替え神事の期間は、木鷽がなくなるまでの1週間程度とのことでした。
posted by 心遍路 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

何でこんなことやっているのだろう・・・・・・

福本です。
あらためて今の心境をお話します(^^)




心遍路で神社巡り!
これってコンセプトからずれてない!

<自問自答>

少し考えてみました。


確かに神社を訪ねる時間があるなら、お寺巡りしたいと思う。
これ正直な気持ちです。

でも先日土曜日の取材をかねての神社巡りも
一つのコンセプトでくくってみると○○巡り!!!!


例えばお大師さまとか観音様とか  お不動さまとか。


これと同じように合格祈願をコンセプトに

今回みたいに連続して神社を訪ねてみる。

合格祈願に必死に祈る人々の姿。

心を癒す神聖な空間。


私には、素直に観音巡りのような気持ちよさがありました。


そもそもお寺も神社もその昔は同じ敷地内に隣り合っていたところが多かったはずです。


あえて境界線を無くして、八百万の神仏に触れることこそが心遍路には大切なコンセプトなのだと思いました。



ですから、ココテンはあえてお寺に縛られることなく神社もいれたファンクラブとしたのです。

その具体的な形が七福神巡りです。
その形態によってはお寺と神社が仲良く運営している所も沢山あります。


3月以降は、巡礼にも力を入れて武蔵の国100観音もスタートいたします。
さらに定番の秩父34カ所のおとなの遠足とあわせてご期待ください!
posted by 心遍路 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野東照宮の栄誉権現社にお参りできない。

上野東照宮の本殿左横にある栄誉権現社はもともと大奥にありました。

大奥で大暴れし、追放され、その後いくつかの大名や旗本へと渡りましたが、そこでも数々の怪異を起こしお家断絶へと追いやりました。

そこで大正時代になって上野東照宮に奉献され、ようやく怪異が治まったそうです。

それくらい暴れん坊の栄誉権現というタヌキが祀られていることから、「タヌキ=他を抜く」に通じるとされ、強運開祖として信仰が篤く、受験などにご利益があると受験生に人気です。


ところが今年の1月12日からおおよそ五年間文化財保存修理のために立ち入りが出来なくなり、栄誉権現社に行く手前の格子戸もしめられておりました。

eiyogongen_harigami.jpg

がっかりしていたところ社務所の人が「栄誉権現社だけは出来ますよ。格子戸を開けたら閉めてお参りしてきてください」と言っていただいたので無事参拝はできました。


こちらの絵馬はふてぶてしいお姿の栄誉権現に「他」と「抜」の字が描かれたものです。

eiyogongen_ema.jpg

外国人も多く、英語で書かれた絵馬も多数見受けられました。
posted by 心遍路 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

銀の木鷽(きうそ)をゲット(複雑・・・・・)

今回のテーマは合格祈願神社の取材と鷽替神事(うそかえしんじ)でした。

ここ五条天神社の鷽替の神事の説明をそのまま引用しますと、

鷽(うそ)はアトリ科の美麗な小鳥です。
この小鳥をかたどった「神符(おまもり)」を年頭に受けて神棚にまつり、一年中に話した「虚言」をこの神符に託して、翌年神前に納め罪を滅ぼし、又 今迄の悪い出来事も「うそ」として祓い清め、吉に取替えると云う縁起のよい神事です。
昔から、新年に当って、開運出世の効ありと云われ、特に「金鷽(きんうそ)」を受け得た人は、将来家運が隆盛に赴く吉兆であると伝えられる。多くの天神様で行われている神事ではあるが、当社では正月の一日、二日、三日、及び初天神の二十四、二十五日に此の神事を行う。当社の金鷽は頭部に金紙をつけて表している。(他は銀紙をつけている)

とあります。

金鷽を手に入れるチャンスは上の5日間。

巫女さんに好きな木鷽を選んでくださいといわれ、一番上を選んで中を覗くと木鷽の頭は「銀色」。

gojyo_usokae2.jpg

この説明を読んでいなければ只ありがたいと思うのでしょうが、金鷽を当てたいと思っていたので複雑な気持ち。

ですが、今年一年の凶寺を吉に替えるという木鷽を大切にしたいと思いました。
来年こそは金鷽を手にしたいものです。

神事日以外の木鷽の頭が普段は銀色です。

その他の日も木鷽はいただけますが、銀の木鷽しかありません。
ラベル:木鷽 鷽替神事
posted by 心遍路 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

亀戸天神で徳を得た!

今、戻りました。

9:30〜17:00まで7箇所の神社を巡ってきました。

まず亀戸天神社に行きました。

雪がパラついたと思ったら、空が暗くなりいきなり雹(ひょう)霧に変わりました。

急に空が暗くなり雹が降ってきました!

境内は長蛇の列で、人々がごった返しておりました。

木鷽を交換に多くの人で溢れかえっておりました。大きな木鷽が置かれた本殿

1時間近く待ちそうなので、残念ながら鷽をもらうのを断念し、ご朱印で我慢することにしました。

ここは誰もいない場所でまるで別世界でした。

納経も丁寧に書いていただきました。

受け取るとそこには鷽替神事の印が押されておりました。

kameidotenjin_shuin.jpg

今日・明日しかいただけない印にちょっぴり徳を得た気持ちになりました。手(チョキ)

合格祈願で鈴なりの絵馬に感心しながら、天候も幸いに回復したので、

私たちは、次の神社に向かいました。車(RV)

各神社の詳細は毎日報告いたします。わーい(嬉しい顔)
posted by 心遍路 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うそ替え神事

ココテン楽しみ隊は今日活動日です手(パー)

うそ替え神事イベントの取材を兼ねて、合格祈願の神社5つを巡ってきます。

亀戸天神 湯島天神 谷保天満宮 五条天神社 上野東照宮

後日、改めて報告させてもらいます。


いってきます手(パー)

posted by 心遍路 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

今週のお勧め本

『般若心経絵本』
〜絵で読む経典の心〜
作 諸橋精光  小学館  定価1,470円

31592044.jpg

初版第一刷発行が4年前になります般若心経絵本。

もうすでに読まれている方もいるかと思います。

「この絵本は思いついてから二十五年、実際にラフを描き始めてから十年の年月がかかった・・・。」 作者談

本を開けて読み始めた印象は、わかりやすく書かれた文面とやさしいイラストがとても融合され、見る見るうちにこの絵本に入っていけるとても読みやすい絵本です。

般若心経関連の本は数多く出版されておりますが『般若心経絵本』はかなりお勧めの一冊です。


再度読み返しているサイトウですσ(^_^;)アセアセ...

アマゾンで購入の場合はココをクリック

2009年01月22日

旬花

私サイトウ家のお仏壇には日々欠かさず一輪挿しをお供えてしております。

個人的には白い小さな花が好みなんです。

今の時期ですと断然、水仙です。
可憐な花からとてもいい香りを部屋いっぱい漂わせてくれます。

090121_173031.jpg

次にスイートピーです。
スイートピーは白だけでなく、赤、黄、紫、ピンクと多種類ありまして楽しませてくれます。

春はフリージヤです。
黄色のフリージヤはある程度価格もこなれていますが、6月のジューンブライドに向けて白いフリージヤは黄色のフリージヤの倍近い相場で堅調な価格となります。
しかし白いフリージヤを見てしまうととても清らかな愛らしい花なのでついつい手にしてしまいます。

また白いチュ−リップ。白いデンファレ、カスミ草、白いカーネーション、白いバラなどもジューンブライドで人気のある花です。

夏のお勧めはトルコ桔梗です。
夏の暑い時期は花瓶の水が腐りやすく花の寿命も短めですが、トルコ桔梗は他の花に比べて比較的暑さに強く長持ちしてくれます。
白、紫、ピンクと単色も綺麗ですが、二種類の色が混じったパステルはとても見た目が可愛くなり、幾つもの花が付いたスプレーという種類が賑やかでとてもボリュームがあります。

秋は秋明菊です。
菊といっても菊には似つかないとても愛らしい白い花なんです。
店頭に並ぶ期間は数週間しかないので、残念ながらあまり目にすることが出来ません。

デンファレ(洋蘭)等は輸入品などで一年通じてお店に置いております。
和花が続いたときにお勧めのデンファレですが、白いデンファレがなかなか流通されずに、紫のデンファレが圧倒的に多いようです。

因みに仏壇にお供えする花で、赤色・トゲのあるものはタブーとされております。
また、価格の高い花を無理して選ばず、自分が感じたインスピレーションで購入した花をお供えしたほうが好ましいと聞いたことがあります。

私サイトウは家族のものに・・・
『私がこのお仏壇に入ったら、こういう花を飾ってね・・・。』と、
今からお伝えしております^^;;;;;;

(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌


posted by 心遍路 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

陀羅尼(だらに)

陀羅尼(だらに)とは、仏教において用いられる呪文の一種で、比較的長いものをいいます。
通常は訳さず(不翻)サンスクリット語の原文を漢字に音写したものを唱えます。


日本のほとんどの宗派で読まれている般若心経の文節には、陀羅尼を読む箇所があります。

その箇所は終盤の

掲帝 掲帝 波羅掲帝 波羅僧掲帝 菩提僧莎訶

ぎゃーてい ぎゃーてい はーらーぎゃーてい はらそうぎゃーてい ぼじそわか

この部分に対して時々、日本語に訳されていることがあります。

私たちは陀羅尼やご真言は自分の目で見て、口にして、自分の耳で聞くことによって、自身の目、耳、口が浄化されると理解しております。

そういう意味では、無理に解読されなくても良いと思われます。


また宝篋印陀羅尼、阿弥陀如来根本陀羅尼など大変長い陀羅尼もありますが、心遍路では合掌という印と般若心経の陀羅尼でおつりがくるほどありがたいものではないかと思っています。


今回はちょっとむずかしいお話でした。

合掌(U人U)・・・・・
ラベル:般若心経
posted by 心遍路 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 般若心経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

道路が足つぼ仕様に・・・イデッ!

川越七福神の成田山川越別院と蓮馨寺の途中に熊野神社があります。

この神社の鳥居の手前に、左右の手摺と共に写真のような石の模様がありました。

DSC08007.JPG


なんだろうと思いのぞいてみると、手摺には足ツボのイラストがぶらさがっています。

長さ10mにもみたないのですが、いざ靴を脱ぎ歩いてみるとイテ、痛い、イデと声を発し次の一歩が出ない始末。ふらふら

靴はスタートの場所に脱いでいるので、再び戻ってはみたものの、手摺のありがたみが「痛い」ほど良くわかった瞬間でした。もうやだ〜(悲しい顔)

DSC08008.JPG

その後、だるかった足も快適になり、当日時間が許せば立ち寄りたいと思っています。手(チョキ)
ラベル:健康 足ツボ
posted by 心遍路 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ココテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

護国寺在住

ボクは護国寺在住のネコブイ V(=^‥^=)v ブイ

地元の方がエサを与えてくれるので助かっちゃうσ(=^‥^=) ミィ

だから人懐っこいんだよ ゴロニャン ~(=^・・^)ヾ(^^ )ヨシヨシ

護国寺にきたら声かけてd(=^‥^=)b ニャッ!

コロンコロン♪○γγγγ   ヘ(=^・ェ・^= )ノ..........ニャンニャン♪   *^ヾ( '-'*)トッテ

DVC00283.jpg

(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪
posted by 心遍路 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。